紫外線が身体に与える影響

Kireiのブログ Posted 2018.08.07

5035559b-bfe8-4792-a65d-77eed1e62548

完全にあたらないと言うのは身体に良くないのですが、過剰に浴びてしまうといろいろなトラブルを引き起こしてしまうのが「紫外線」

最近では、日傘をさす男性も増えてきましたね!

 

紫外線による肌老化

これは皆さん気をつけられている部分かと思います。

ただ、紫外線には美容面だけでなく

DNAを傷つけ免疫力を低下させてしまうので、いろんな身体の不調を引き起こします。

夏、お出かけされた後、何となく疲れるのは紫外線の影響も考えられます。

 

さらに、夏の日焼けだけでなく睡眠不足やイライラ、頑張りすぎ、食べすぎ、薬の飲みすぎなどで身体にストレスがかかると

大脳→間脳視床下部→自律神経のバランスが崩れる

 

よって

活性酸素の増加=しわ、しみ、たるみ、動脈硬化

血行障害=かゆみ、むくみ、痛み、くすみ→アトピー、若しらが、若ハゲ、肥満

免疫力の低下=ヘルペス、帯状疱疹、細菌感染、ガン感染

など

 

いろいろな老化現象に繋がると言われています。

 

より長く、若々しく元気でいるために

今できることを実践していくことが、ストレスに打ち勝つ方法です。

 

例えば

・いつも飲む飲み物を変えてみる

・朝起きたら深呼吸をしてみる

・好きなのはお米、お肉だけど、野菜から食べてみる

・少し頭がいたいだけで薬に頼ってしまうけど、マッサージに行ったり、自分でツボを押してみる

・家事が溜まっているけど、明日やろうと思ってみる

・携帯を見るのを1日やめてみて本を読む

など

 

また、Kireiにもいろいろな美容と健康のメニューがございますので、お気軽にお問い合わせください!

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP